巻物

ミスター味っ子の最終回と思い出

FMななみってるかい?

ミスター味っ子という番組がありました。最終回や味王記憶喪失事件などを解説します。

ホーム

ミスター味っ子の最終回は?

ミスター味っ子はアニメや漫画でとても有名なんですが、長く続いていたので最終回がどうなったのかイマイチ記憶にないという方もいらっしゃるかもしれませんね。最終回に至るまでの漫画やアニメ内での大げさなオーバーリアクションがかなり注目の的でしたし、大きなポイントだったので最終回よりもそっちの方が印象深いという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ではミスター味っ子の最終回って結局どうなったのでしょう。



最終回としてミスター味っ子の主人公である味吉陽一が日本料理界のトップ、至宝である味皇と勝負することになります。世紀の決戦に挑むことになりました。



味皇の言葉で味吉陽一は最大の試練である味皇との味試し三番勝負をすることになります。色試しの秋の味覚対決では味皇が勝ち、眼試しの握りずし対決では引き分け、味試しの米では陽一が勝利しました。結果的に勝負は引き分けでしたが陽一は充実感を得ます。そして日之出食堂に一人の料理人として戻ることを決意しました。そんな陽一の姿を見て味皇は一人、これでいいとつぶやきます。

味王は記憶喪失になってどうなったのか?

ミスター味っ子という漫画は週刊少年マガジンで連載されていて、その後テレビ東京系にてアニメ化されました。アニメ放送はとても高い人気となりました。その中でも登場人物として重要になってくる味皇と呼ばれる人物がいます。味皇の本名は村田源二郎です。味皇料理界の創始者で日本料理界のトップにおいて30年以上も君臨している72歳です。味皇は地獄の味遍路の末に病に倒れます。その際に巡礼の老婆が作ってくれた料理を食べて記憶喪失になります。



これが私の求めていた味だ!と叫びながら記憶喪失になってしまうんですね。そして阿部一郎に味将軍グループを乗っ取られます。ですが自ら味将軍の居座りました。そして勝負を終えた後自宅に戻ります。では味皇が記憶喪失になってしまった後はどうなったのでしょうか。漫画の方では最終話において陽一に日之出食堂に誘われます。



そしてそこで第一話と同じようにかつ丼を食べるのです。そしてそこで記憶を取り戻しました。ミスター味っ子、精進せいよ、という言葉で締めくくります。そして大団円を迎えたという結果になりました。

ミスター味っ子はリアクションが大げさ過ぎる

ミスター味っ子は週刊少年マガジンにおいて寺沢大介により連載されていた日本の漫画作品です。連載された後にアニメ化されました。このミスター味っ子はリアクションがかなり大げさであるということで知られています。料理を食べた後などのリアクションがオーバーリアクションでかなり大げさなのです。



特にアニメ版においてはかなりのオーバーリアクションです。ロボットアニメやSF作品などを連想させるような大げさなリアクション、大げさな演出が数多く行われています。原作はそこまで大げさなリアクションではなかったもののアニメ版になってかなり大げさなリアクションとなりました。このミスター味っ子の大袈裟度はテレビ番組などのメディアでも取り上げられていてとても有名なんです。



また原作者である寺沢大介がアニメ版を見て感化されて、原作までアニメよりのリアクションになったという逸話まであります。寺沢大介は後に将太の寿司という漫画を描きましたが、そこではその傾向が強くみられるようです。主人公の味吉陽一が料理人たちとの勝負に挑戦していくという話です。

ミスター味っ子の料理を再現するとまずいって本当?

ミスター味っ子は料理漫画としてとても有名な漫画です。またアニメ化も果たしていて、アニメ版の方ではかなり料理を食べた時のリアクションが大げさすぎるということでとても有名なアニメとなっています。オーバーリアクションはとても話題でテレビなどのメディアでも取り上げられているぐらいなんです。



そんなミスター味っ子なんですが、漫画やアニメで登場してくる料理については実際に再現することができるようなレシピばかりなんですね。リアクションがとても大げさだから実際には作れないようなレシピなのかと思いきや実は自宅で簡単に再現しちゃうことができるようなんです。そしてまたそのレシピを再現してみたところまずいとも言われています。そのレシピの中にはおいしいレシピもあるようですが、中にはすごくまずい料理もあるようなんですね。



ミスター味っ子で登場してくる料理レシピはかなり変わったものが多いです。味を重視しているというよりも工夫に関する重視がすごいんです。だから実際に再現してみても美味しくはない、まずいという料理ができあがってしまうのでしょう。

手裏剣


Copyright (C) 2017 FMななみってるかい? All Rights Reserved.
巻物の端